お受験スーツ専門店La・Vert(ラ・ヴェール) |お受験ママに「自信」をプラス

   

コンテンツ

  • ものづくりの想い
  • コンセプト
  • 各種決済方法に対応
  • UNISIZEに対応

コンテンツ

  • ものづくりの想い
  • コンセプト
  • 各種決済方法に対応
  • UNISIZEに対応

新着アイテム

LOOKBOOK(コーディネート)

ランキング

カテゴリ

レンタルご希望の方はこちら
 

ニュース

MORE
2020.08.06   夏季休業について
2020.04.28   GWの休業について
2019.12.19   年末年始の営業につきまして
2019.09.25   消費税増税に関するご案内
2019.08.05   お盆期間中の営業につきまして
2019.04.23   GW期間中の営業につきまして

ブログ

MORE

2019.03.29 確かな品質 日本製お受験スーツ特集

2019.03.27 上下別サイズでも選べる、単品お受験シリーズ

2019.03.27 第一印象をよく見せる!お受験ママのヘアスタイル

2019.03.23 着てみて実感!快適な機能性裏地使用のお受験スーツ

2019.03.20 汗対策も万全に!消臭・抗菌機能を備えたお受験スーツ

2019.03.15 なりたいイメージで選ぶお受験スーツ~スッキリとみせる~

お受験スーツでママが失敗しない為のお役立ち情報とは?!

子供のお受験でママの悩みの一つに、面接時の自分の服装が挙げられますよね。面接官に好印象を与えたいけれど、一体どのような服装が最適なのか悩んでしまいます。ここでは、お受験ママスーツで押さえておきたいポイントについてお届けします。

お受験スーツの選び方とは?

スーツの色は濃紺か紺色にする

お受験スースでは、ブラックフォーマルの正装をイメージする方が多いですが、実際は、紺色スーツの着用が一般的となっています。ブラックフォーマルでも問題はありませんが、黒一色のブラックフォーマルと比べると、紺色のほうが柔らかい印象を相手に与えるので好ましいとされています。また、例えば受験する先が宗教関連の場合、特にカトリック系では黒は望ましい色では無いので避けましょう。黒いスーツと言うのは、喪服をイメージさせてしまう為様々な事を考慮した上で、濃紺か紺色スーツの着用がお受験スーツとしては最適でおススメです。

スーツ選びのポイント

スカートがおススメで丈感には気を付ける

お受験スーツと言えば、ワンピース+ボレロ、或いは、セットアップスタイルがママスーツは定番です。特に、パンツスタイルでも問題ありませんが、子供が受験をする園や学校の雰囲気を事前に調べて、スカートかパンツか決定するのがおススメです。ただし、パンツスタイルと言うのは、年配の方だと相手にカジュアルな印象を与えてしまう事を覚えておきましょう。そこれらの要素も含めて、お受験ママスーツはスカートが圧倒的に人気です。

そこで、お受験スーツ選びでは、スカート丈には気を付けましょう。お受験の場には相応しいスカート丈があり、立ったり座ったりした際に膝頭が出ない丈感が重要で、短くても長くてもお勧めできません。なので、自分の身長や体格に合ったスカート丈を選ぶ事が大切です。

スーツ素材はウールがおススメ

お受験ママスーツでは、スーツ素材も重要なポイントです。素敵なスーツを着用して印象良く決めても、スカートに座りシワがあると身だしなみがだらしない印象になってしまいます。例えば、面接の順番待ちの間に座りシワができる恐れもありますよね。なので、シワになりにくいウール素材やポリエステル素材が最適でおススメです。

スーツデザインにも配慮する

お受験スーツのデザインに関しては、やはり受験する園や学校の雰囲気が強く反映されます。なので、受験先の保護者の方がどんなスーツを着用しているか、できるだけ校風などをリサーチしてからスーツ選びをするのが大事です。

お受験スーツの選びの注意点とは?

お受験に臨むのは子供ですが、その受験の場に付き添うママの服装と言うのは、受験する子供の印象をも大きく左右する重要な要素になります。お受験面接の際に着用するスーツで求められるものは、知性と清楚この二つの要素が大事なポイントになります。なので、明るさや華やかさは求められておらず、落ち着いた要素がお受験スーツを選ぶ基準になります。従って、淡い暖色系の明るい色のスーツは避ける事が無難です。

また、この際に注意すべき事は、落ち着きと地味は違うと言う事です。子供のお受験に最適な服装で臨んだつもりでいても、その装いが弔事に出席するような格好に見られてしまっては意味がありませんよね。なので、そのような事からも漆黒の礼装用スーツはNGで避けた方が無難です。ベストなお受験ママスーツとしては、スーツの色選択では濃紺か紺が最も無難で間違いない色です。

そして、受験校の校風などによっては、ワンピース着用よりもフォーマル度が高い、上下セパレートスタイルの方が適している場合もあります。また、パンツスタイルはできるだけ避けて、スカートを選択するのがおススメです。パンツスタイルは相手に対して行動的なイメージ印象付ける良い側面もありますが、その反面、見た目はどうしてもキツい印象を相手に与えてしまいがちです。やはり、大事なお受験シーンでは、スーツは無難である事には越した事はありません。スーツ選びに失敗しない為にも、注意した方が良い点に関して配慮した装いが大切です。

お受験スーツの合わせ方とは?

お受験ママスーツはパパとのバランスも大事

子供のお受験では、両親参加の面接もありますよね。その場合、パパとママの両親の格好のバランスも大事な要素です。特に。スーツはハイブランドなものである必要はありません。しかし、両親のお受験の服装があまりにもかけ離れていると、家族としての一体感が薄くなってしまうので、統一感のあるスタイルでお受験に挑みましょう。

受験園・校の雰囲気や校風を考慮

お受験ママスーツを選ぶ上で最も大事なポイントは、受験する園や学校の雰囲気・校風に合っているかと言う事です。なので、服装選びの参考として学校説明会の参加時に、周りの保護者の方の服装を見る事は大切です。それを実際のお受験面接時の服装選びの参考として、役立てている方も少なくありません。また、受験先から服装指定がある場合はそれに従いましょう。他にも、校則が厳しいなど少し硬いイメージの受験先では、知的で上品なスーツを選ぶのがおススメです。一方、自由な校風の受験先では、清楚感がありつつ明るい印象を与える服装選択がおススメです。このように、お受験ママスーツ選びでは、服装はもちろん髪型やメイクなども共通する事も覚えておき、私的なスーツと身だしなみでお受験に挑みましょう。